軽井沢国際テニストーナメント

軽トーの歴史
軽井沢のコート。コートができたのは、明治時代といわれる。
大正6年(1917)に第1回軽井沢トーナメントが開催されている。現存の日本のトーナメントで一番古い大会。

「軽トー」の歴史

 「軽トー」の歴史は古く、ジャパン・タイムズ社から優勝カップが寄贈された 1917年(大正6年)が第一回大会とされています。また、一説には軽井沢会の前身「軽井沢避暑団 The Karuizawa Summer Resident's Association K. S. R. A.」の時代以前の明治年間から行われていたとも言われています。当時はジャパン・タイムズ社の他にジャパン・アドバイザー紙からも後援していただいており、英字新聞2社がかかわりを持っていたことは、外国人選手の参加者が多かったという、当時のこのトーナメントの性格を物語っています。以後、「軽トー」には有力日本人選手も参加するようになり、歴代の優勝者にはデ杯選手が数多く名前を連ねています。

 太平洋戦争中の2年間(1944年、45年)は、残念ながら中止となったものの、翌1946年には早くも再開されました。1970年代に入ると、テニス人口は急激に増え、「軽トー」の参加者数も膨大なものになりました。旧道の軽井沢会コートだけでは試合が消化できなくなり、鹿島の森、日本信販ユートピー、町営コートなども併せて使用することになりました。しかしながら、「軽井沢会コートでプレーすることに意義がある」という参加者の意見も多かったことから、シングルス種目を中止し、ダブルス種目のみとして、すべてが軽井沢会コートで開催されるようになりました。以後、男子シングルスは、選抜男子シングルス(1977年~ 87年)の時期をはさみ、1988年から正式種目として復活し、現在に至っています。

 現在の参加者数はのべ 900人程で、参加者の年齢も下は小学生から上は80歳台の方まで多岐にわたっています。開催種目については、「男女一般ダブルス」「混合ダブルス」「男子シングルス」「各年齢別ダブルス」「ジュニアシングルス」及び、懇親種目の「グランドベテランダブルス」「70才以上男子ダブルス」を加え、全16種目の規模の大会を運営しています。

 この数年の傾向として、夫婦のみならず、親子、兄妹姉妹ペアーによるダブルスへの参加や活躍が目立っています。一家総出での応援も多く、非常にファミリー色が強いことも、「軽トー」の特色のひとつでしょう。参加者のレベルも年々向上しており、各種目で熱戦が繰り広げられています。

 2005年から毎年6月にこの軽井沢会コートにおいて、国際テニス連盟公認(ITF)・男子国際大会「軽井沢フューチャーズ」が、開催されています。毎年「軽トー」男子シングルス優勝者は翌年の大会予選の主催者推薦枠に推薦されることになっており、男子シングルスはレベルの高い決勝戦が期待されるところです。

 また、2010年から、秋のこの軽井沢会テニスコートで「軽トーベテラン」を共催しています。(2012年から北信越テニス協会主催JOP対象D大会)多くのベテランテニス愛好家に試合と、夏とは違う秋の軽井沢を楽しんで頂いています。

 「軽トー」を日本のテニスの歴史と軽井沢の素晴らしさを、テニスを愛する方々に伝えていく大会とすべく努力しています。

   

(参考資料:「関東テニス協会60年史」関東テニス協会編)

歴代優勝者

こちらをクリックしていただくと別ウィンドウで歴代優勝者の一覧が開きます。

※PDF形式のファイルが開きます。プリントアウトしてご利用下さい。 ご使用パソコンの上部にある+、-ボタンをクリックすることで表示サイズの拡大、縮小ができます。

  • 軽トーのご案内
  • 日程・ドロー
  • 軽トーの歴史・歴代優勝者
  • 過去の試合結果
  • フォトアルバム

▲ページトップへ